information(現在、 1727 件登録されています!)
地図表示
お知らせ (318)
ギャラリー (1107)
1 - 24 件目 ( 1727 件中)   前 1 2 3 4 5 6 7 ... 72
<静岡の今> 「有東木の盆踊り」  村越敏治
2017-8-15 20:41  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 41hit ]
  「有東木の盆踊り」  静岡市葵区 有東木      村越敏治  2017年8月14日 撮影 ■撮影者コメント 遥かに山並みを望む深い山間の地、有東木。その地の小さな寺の狭い境内に繰り広げられる盆踊り。その素朴な魅力にひかれてここ数年通って撮影しています。今年、踊りは7時からと聞いて、写真仲間と村の中をぶらぶら・・。小雨も上がった境内にざわめきが聞こえ始めました。

<静岡の今> 「海と空と」  薩川高宏
2017-8-15 17:02  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 34hit ]
  「海と空と」    清水港  静岡市清水区      全日写連関東本部委員 薩川高宏 ■撮影者コメント 清水港祭りのひとコマです。この日は珍しく快晴に恵まれ大勢の人達が清水港に見物に訪れT-7とブルーインパレスの展示飛行を楽しんでいました、素晴らしかったです。

カラー写真の部 最優秀賞
2017-8-15 6:17  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 54hit ]
 最優秀賞 「変身」  水野隆子  思わず「空白」という語句が浮かんでくる、流れる時間の中で捉えられた写真的瞬間。タイトルと甘い独特の画像から鏡像と推測できるかもしれないが、ふと通り過ぎる一瞬、わずかに目に入ったとでもいう、映画のひとこまのような画面がとても魅力的。この女性のもしかすると普段は見せないかもしれない、ピュアな表情とたたずまいが何よりも目を奪うのだ。  

カラー写真の部 朝日新聞社賞
2017-8-15 6:15  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 41hit ]
 朝日新聞社賞 「少女」  大川幸江  素朴で抱きしめたくなるような愛らしい少女と「野良」という意味不明なカンバンとのコントラストが絶妙。日陰に少女を配した構成によって、服とカンバンの枠の同調するブルーが浮き立ってくる。つかず離れずの距離感も味わい深い。 

カラー写真の部 全日写連賞
2017-8-15 6:13  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 38hit ]
 全日写連賞 「工場にたたずむ男」  宗像正人  少々すがれた風情の工場に、得体の知れない男の姿が‥‥ミステリアスな状況が見るものの想像をかき立てる。デンジャー柄の少し汚れの入った衝立?、手前にやや多めに入れた日陰の黒がサスペンスを盛り上げる。男は中心にいるものの、どこか落ち着かない画面構成もここではあり。 

カラー写真の部 特選
2017-8-15 6:11  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 37hit ]
 特選 「夏休み」  松永愛子  ちょっと撮るよ、と言って撮った作品でしょうが、何より少年の自然な表情と坊主頭が見るものを癒してくれる。背景の娘さんらしき女性の仕草との対照で、日常の何気ない時間がよく伝わってくる。 

カラー写真の部 特選
2017-8-15 6:10  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 35hit ]
特選 「誰がために」  渡邉修一郎  まさにタイトル通り、廃車となったトラック(しかも宅急便の!)がうち捨てられた山裾の荒れ野に、数本の鯉のぼりという奇妙な光景。フラットな光で、特に凝った画面づくりをせずに?ただ撮っただけ?という感じで撮ったのは正解。この方が、かえって眼に焼き付く。 

カラー写真の部 特選
2017-8-15 6:08  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 27hit ]
 特選 「路地裏」  鈴木辰彦  さまざまな要素が映り込んでいるなか、この瞬間にシャッターを切った撮り手の気持がよ〜く分かる一点。路地裏の飲み屋街の何でもない光景だが、わずかに斜めに傾いた画面、狭い路地をカーブするタクシーの姿がさり気なくドラマを作り出しているのだ。 

カラー写真の部 特選
2017-8-15 6:06  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 27hit ]
特選 「ゲット  」笹沼昭二   背景に何かのコンテストの光景、少し得意げに小走りの少年、満面の笑みで息子を追いかけるお母さん、そして賞品の袋に付けられた「グランプリ」とだけ記された印象的な白い紙。これだけの要素が見事にひとつの画面に収まっている。これこそスナップ! 

カラー写真の部 特選
2017-8-15 6:04  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 30hit ]
 特選 「父と子」  天満厚子  幼い子と手を差し出し支える父の姿を、スポットの光を巧みに使って美しい画面に仕上げている。駅舎の駅名表示が少し気になるだろうか。いやもしかするとこれがないと、ただの出来過ぎた?名画?になってしまうかも。 

モノクロ写真の部 最優秀賞
2017-8-15 6:02  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 22hit ]
 最優秀賞 「一人ぼっち」  片岡好志  何よりもこの少年のなんとも寂しげな表情に眼が釘付けにされてしまう。手にした兄のお下がりかも知れない大きめのグローブ、画面の多くを占める古い板塀の質感と相まって、ノスタルジーをかき立て、胸を打つ。 

モノクロ写真の部 全日写連賞
2017-8-15 6:01  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 22hit ]
 全日写連賞 「桜木駅にて」  大石粂男  駅構内のさまざまな物たち、駆け出す少女、それに目をやる母親、気持ちよく全体にまわった光が、まるで映画のスタジオで撮られたような効果を出している。スクェア画面に静と動を巧みに溶け合わせている手腕に拍手。 

モノクロ写真の部 特選
2017-8-15 5:59  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 21hit ]
 特選 「良いお顔」  玉舟祥子  可愛いとしか言いようのない赤子の顔。すこしだけ顔が陰になっていることで、その存在のかけがえのなさがいっそう伝わってくる。味のあるタイトルに撮影者の、赤子に寄せる優しい気持を知る。

モノクロ写真の部 特選
2017-8-15 5:57  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 22hit ]
 特選 「烈風波砕ける」  加藤利光  凄まじい風と波に富士山が吞み込まれそうな大迫力の光景。白と黒とグレイが混じり合い、墨絵のような美しさを醸し出している。富士山の応募は土地柄か多く目にしたが、この作品がピカイチと判定。 

モノクロ写真の部 特選
2017-8-15 5:55  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 30hit ]
 特選 「 雨 」 宗像正人  逆光でシャドウになった男の体に落ちる白い雨粒、わずかに窺える顔、少し不安定な構図、この無雑作に見える撮影こそ、写真が持つインパクトを露わにする。出会い頭のスナップの本領がここにある。こうした撮りようが困難な時代に果敢な挑戦。 

モノクロ写真の部 特選
2017-8-15 5:53  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 24hit ]
 特選 「片隅」  小林一久  これはもう、この光のたたずまいにただただヤラレてしまう。定番的な作品で、選ぶのにはチョッピリ悔しい気もするが、モノクロームの醍醐味ここにありという感じで、眼の快感には逆らえない。 

モノクロ写真の部 特選
2017-8-15 5:52  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 21hit ]
 特選 「待ち侘びて」  福島耕司  電柱を頂点に置いたパースペクティブの効いた画面構成で、日常の中の一瞬のドラマを見事に捉えている。やはり中央頂点の逆光も計算された構成‥‥と思うと少々出来過ぎかとまたまた悔しい思いが湧き上がる。とはいえ確かな技術と視点に脱帽。 

組写真の部 最優秀賞
2017-8-15 5:48  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 23hit ]
 最優秀賞 「パフォーマーたち」  林 邦良  これでどうだ!  とばかりに真向から被写体を画面に収めたカメラワークがまず気持ちいい。さらにそれを少しバリエーションを付けるとかいった小細工なしで、ためらいなくドン、ドン、ドンと三点同列で構成した潔さに拍手。写真の持つ本来的な力強さが伝わる。 

組写真の部 全日写連賞
2017-8-15 5:41  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 27hit ]
 全日写連賞 「秋の陽」  樋田  進  中心のない緩いとも言える印象の画面づくり。しかしこれが三枚並ぶと、得も言われぬ雰囲気を醸し出してくる。それぞれ秋の陽差し、空気感がさり気なく捉えられていて、じわりじわりと胸に染みてくる。 

組写真の部 特選
2017-8-15 5:39  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 30hit ]
 特選 「神保町」  宗像正人  じわっと視野を狭くした画面が新鮮。いろいろバリエーションを作りたくなりそうな古書街の風景だが、本と人の手に固定して捉えたカメラワークと構成に写真のインテリジェンスを感じさせる。光の処理も巧みでとても美しい。 

組写真の部 特選
2017-8-15 5:37  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 20hit ]
 特選 「街のオアシス」  工島  勇  やわらかくあたたかなトーンで描かれた都市の中の自然。ある意味、人工的な自然と言っていい光景、それでも充分にその独特の美しさが伝わってくる。果たしてこの並べでいいのか、判断に迷うところだが、左の植物と、真ん中の人の指の傾きは意図したシンクロ? もしそうなら何か別の意味を引き出せそうだが‥‥。 

組写真の部 特選
2017-8-15 5:34  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 23hit ]
 特選 「人生」  大石  洋  意味ありげな写真が三点、しかもこんなタイトルを付けられると少し戸惑ってしまうのが正直なところ。しかし一点一点見ると、完成度が高く、モノクロームの魅力を存分に捉えた強度のあるイメージが成立している。何点かこの撮影者の作品を見せて頂いて、ちょっと構成してみたくなる欲求を起こさせる。 

組写真の部 特選
2017-8-15 5:32  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 28hit ]
特選 「大阪の街」  鈴木  實  世はこともなし、のフレーズが浮かんできそうな三点。何も主張しない、実にサラリとした表現。真ん中のスナップも何か言いたげでそうでもないようだ。特に印象に残りそうもない三点だが、この流れ、そこに徹底していて好ましい。 

組写真の部 特選
2017-8-15 5:27  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 33hit ]
 特選 「古(いにしえ)よりの贈り物」  矢島一美  ともかく左の二人のこどものイメージが強く、思わず手に取ってしまった作品。幼い二人の視線の先に右の二点、いにしえの儀式の光景があるという示唆的な構成なのか。とすると静かな写真に見えてなかなかトリッキーな作品と言えそう。 

1 - 24 件目 ( 1727 件中)   前 1 2 3 4 5 6 7 ... 72
事務局からの連絡
   静岡の今
・お盆・ふるさと・夏休み…等々
 夏の写真をお寄せください。
     (8.1@)
 
第62回静岡県写真展
 閉幕しました。ご協力、ありがとうございました!(8.14)@)
★返却作品の中に他の人の作品が混ざっていたら、事務局に連絡してください。(8.14@)
入賞作品はこちらから
  
  静岡の今 
夏の部(6月〜8月撮影文)

 募集中! 

 

「春の部」優秀作品決定!

 高瀬幹雄さん

 「ほっとする風景」

   こちらから

 

  「静岡の今」は こちらから   

 ●募集要項 こちらから 
 (メール添付が、簡単です)
 応募票  こちらから 
 
     

朝日新聞・静岡マリオン》 

 [全日写連だより] 掲載

◆8月掲載予定支部

 富士宮支部

 富士岳南支部

 ◎掲載日が早まります。

  以下,ご確認ください。

 原稿締め切り  8月2日(水) 

 掲載予定日   8月16日(水)

  

◆9月掲載予定支部

 富士支部

 駿河湾支部

 原稿締め切り 9月13日(水) 

 掲載予定日  9月27日(水)

 

 

 [あなたのHPを県本部HPへ、リンク!]

 ・支部のHPや会員個人のHP、会員所属写真グループのHPなど、どうぞ「お問い合わせ」からご紹介ください。