information(現在、 2131 件登録されています!)
地図表示
お知らせ (387)
ギャラリー (1411)
1 - 24 件目 ( 2131 件中)   前 1 2 3 4 5 6 7 ... 89
一写一筆(第63回) 朝日新聞に掲載
2018-12-11 20:03  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 21hit ]
  中田美智雄 さんの写真が、12月8日(土)の朝日新聞「一写一筆」に掲載されました。

<静岡の今> 「お坊さんも街頭募金」  吉川正宏
2018-12-11 19:16  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 32hit ]
  「お坊さんも街頭募金」   静岡市呉服町通り             吉川正宏    2018年12月9日 撮影 ■撮影者コメント 街をぶらついていたところお坊さんたちの街頭募金に出会いました。静岡市臨済寺修行僧の皆さんの様で、年末助け合い募金と書いてありました。この場には10名ほどが3か所に分かれお経を唱えながら熱心に募金活動をしていました。 子供の墨染めの衣も珍しくつい一枚撮らせて頂きました。背景にあるのは今年から出来たメリーゴーランドです。肝心の募金を入れるのを忘れてしまい申し訳ありま...

富士支部18’11月例会
2018-12-8 11:32  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 47hit ]
「お母さんの横に」  平井 省吾 選評 : 全日写連関東本部委員  薩川 高宏   お母さんが膝をかじっているのかな?それを真似しているお茶目な女の子、お父さんも手を出してジーッと見つめる赤ちゃんもいいね。みんな一点に集中して、愉快な楽しい家族愛が感じられる良い瞬間を素早く捉えた瞬発力は確かなものです。カメラ片手に日頃の作品作りへの感性の積み重ねですね。 

浜名湖支部18’12月例会
2018-12-6 15:17  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 47hit ]
「まだか…ご飯」  市川 康代 選評 : 全日写連関東本部委員  山村 行志   飼い猫のショットですが、下部までかなり入れたのが良かったです。これまでで一番良かったのではないでしょうか…。ピントもシャープに撮れてます。やや右前を凝視している様子が良いですね。

あおい支部18’11月例会
2018-12-6 14:43  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 44hit ]
  「 花火 」 阿部美智子  選評 : 関東本部委員 中村明弘    打ち上げられた花火を写そうと携帯を構えた女の子の姿に「今」を感じる写真だ。その隣で口を開けた女性の表情や、そのまた隣の小さな子の大きく目を見開いた表情も実に生き生きとしていて、花火が開いた瞬間の驚き、感動がここに凝縮してとらえられている。作者もその瞬間に反応したためだろう、画面が斜めになってしまったのと、近くの街灯の強い光が入り込んでフレアやゴーストを生んでしまったが、これはこれで臨場感が出ていて面白いわけだから、やっぱり、...

<静岡の今> 「柿の里」  中田美智雄
2018-12-5 21:32  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 50hit ]
  「柿の里」  磐田市豊岡村敷地         中田美智雄     2018年11月30日 撮影 ■撮影者コメント 柿園の写真は何回か撮りましたが撮るタイミングが難しく落葉の具合を見定めるのが勝負かと思います。1週間位前が適期だったのかと思います。

<静岡の今> 「防災訓練の日」  高山申二
2018-12-2 14:42  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 76hit ]
 「防災訓練の日」  浜松市北区細江町小野地内            高山申二   2018年12月2日 撮影 ■撮影者コメント 毎年年末になると火災が多く発生します。私の地区でも地域防災訓練があり、この時も114名の小学生から高校生の生徒をはじめ、自治会の役員とその地区の人などが、今後来るだろう、南海トラフ地震などを想定訓練から、災害時の食べ物の炊き出し訓練など浜松市消防本部の方を迎え皆さんと半日かけて訓練をしました。

浜松支部18’11月例会
2018-12-2 11:39  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 50hit ]
「まつりの日」  鈴木 幸子 選評 : 全日写連関東本部委員  山村 行志  まつりの朝、緊張している女の子にちょっと左に手をやり紅を引いているお母さんの姿が目に浮かんでくるようです。

静岡あかね支部18’10月例会
2018-12-2 11:02  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 47hit ]
「巽櫓」  望月 行(としゆき) 選評 : 全日写連関東本部副委員  山田 康  巽櫓と木橋、その前景にハトを入れた美しい日本風景である。一羽のハトの存在がこの写真の決定打。静岡在住の方には特に新鮮味もないところだろうが、最近、金箔瓦の出現、徳川家康の住んだ天守閣が大変大きいこと、さらにその下には豊臣秀吉が構築指示されて造らせた天守閣の礎石が発見されるなど、歴史的な観点から大いに注目されている駿府城の一角に建つ櫓。写真的には背景の空が夕焼けとか晴天に一点の白い雲などが撮り込めていたら更に良い印象に...

<静岡の今> 「大空へ飛ぶ」  薩川高宏
2018-12-1 13:14  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 54hit ]
  「大空へ飛ぶ」   富士宮市 井の頭   全日写連関東本部委員 薩川高宏    2018年11月25日 撮影 ■撮影者コメント  雪は少なめだが富士山はくっきりと目の前に。 目立つように赤いパラグライダーを選んでの撮影。二人乗りの順番に中国や韓国の若い娘が大勢いたのには驚いた。国際的になったものだ。  

三島支部18’11月例会
2018-11-30 22:52  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 45hit ]
 「熱 演」  藤田 寛司 選評 : 全日写連総本部顧問  日橋 義雄  これは昼間こういう風に  山車同士がぶつかる事があるんですね。これはどこのお祭りですかね?しゃぎりの人がね他の山車が来たんでね、この画題にある説明にあるように、一生懸命アピールしているそのアピールがね  ものすごいね、これ。大変のってますね。この下の地上の人がね「危ないなぁ」と思いながら上を振り仰いでいる姿、それから先方のしゃぎり、これが綺麗に写っています。だからこの演奏の音が聞こえてきますよ。またこれでね、この作...

伊豆下田支部18’11月例会
2018-11-29 16:29  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 81hit ]
 「 有 終 」  竹之内範明  選評 : 全日写連関東本部委員 中村明弘  壊れかけたコンクリート構造物の一部分に、面白い形を見つけ出している。コンクリート肌や、鉄、木材などの質感をしっかり表現していることで、単なる造形の面白さに終わっていないところがいい。いつ取り壊されるかわからないが、長い年月を経て今ここに存在しているモノへの作者の想いも感じられる。特に、真ん中の写真には、時間の重なりを感じさせる要素が詰まっていて、味わい深いものがある。左右の写真の暗部をもう少し出すと、イメージはもっと広...

御殿場支部18’9月例会
2018-11-29 9:57  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 66hit ]
 「ジャンプ」  佐藤 睦選評 : 全日写連総本部監事  伊藤 康雄  足を揃えてジャンプ!影を落としている。なわを回す人が真剣に楽しんでいる。切り取りがうまく、写真の感性が素晴らしい。 

<静岡の今> 「浜松城 古に触れる」  北原 博
2018-11-24 21:40  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 71hit ]
  「浜松城 古に触れる」  浜松市 浜松城             北原 博     2018年11月3日 撮影 ■撮影者コメント 浜松城の天守曲輪の発掘調査の現地説明会が行われました。石塁(石垣を固めた土手)の南東隅で櫓の基礎と捉えられる石列や大量に集積された瓦が折り重なったり、割れの少ない完形の瓦が発見されました。 安土桃山時代の物で有ることから、今まで存在が知られていなかった櫓があったことが確認され、見学者は歴史のロマンに触れていました。

掛川支部18’11月例会
2018-11-23 21:52  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 61hit ]
「もう少し」  杉本 徳治 選評 : 全日写連関東本部委員  小野崎 徹  白いひげのアシカ? いいえ、水面に向かって息を吐き出しながら泳ぐシロクマなんですね。猛獣とは思えない可愛らしい仕草です。作者は「泡の様子が水泳選手と同じで面白いと感じた」とコメントしています。泡の動きを1/2500の高速シャッターで止めたので面白さを表現できたと思います。上からの柔らかい光線がシロクマの体を包み、暗い水中でシロクマの表情が浮かび上がっています。水面の動きを入れたシャッターチャンスも見事です。

<静岡の今> 「猪鍋に舌鼓」 竹之内範明
2018-11-22 21:09  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 59hit ]
 「猪鍋に舌鼓」 河津町           竹之内範明    2018年11月20日 撮影 ■撮影者コメント 河津町の名勝、河津七滝では、20日、毎秋恒例の「七滝滝祭り」が行われました。小春日和の穏やかな天気に恵まれた中、訪れた観光客が一杯百円の猪鍋に舌鼓を打っていました。この「滝祭り」は40年以上続いているお祭りです。まだ紅葉は色づき始めたばかりですが、間もなく本番を迎え多くの観光客で賑わいます。

静岡デジタルフォト支部18’10月例会
2018-11-22 14:24  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 53hit ]
「虫送り」  西澤やえこ 選評 : 全日写連関東本部委員  中村 勝利  夏の夕に、田んぼのアゼ道で行われる「虫送り」今はなつかしい行事で、おじいちゃんと孫娘のそんな姿をとらえて、趣きのある写真になっている。 

静岡デジタルフォト支部18’9月例会
2018-11-22 14:11  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 60hit ]
 「ちょっと緊張」  西澤やえこ 選評 : 全日写連関東本部委員  中村 勝利  祭りの大役をひかえ、少しはにかんだ顔で階段を下りる少年、後ろの少年は緊張が解けない様子、2人の少年の対比でその場のもようをうまくとらえた写真で有る。

<静岡の今> 「それぞれの青春」  神尾 一
2018-11-20 20:50  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 58hit ]
  「それぞれの青春」   沼津市               神尾 一   2018年10月 撮影 ■撮影者コメント 千本浜を散歩して居たら、防潮堤の上に若いカップルを見つけた。しばらく見ていると何やら話がはずんでいる様でほほえましく思って居たら、その横の方へ、ユニホーム姿で、部活の練習が終わったらしい高校生たち数人が腰かけ、こちらも海を見ながら何やら大声で談笑し始めた。どちらも青春真っ盛りと言う感じで、彼ススキのわが身としては何とも羨ましい限り。それにしても、若いカップル君、スマホのモニターじ...

モノクロ写真の部 最優秀賞
2018-11-19 23:37  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 149hit ]
「 雨宿り」  小林 一久  一枚の写真に俳句と同質の表現を感じさせられることもある。この雨宿りは、そんな佳作。淡々と濃縮した写真独自の表現。庇に静かにたたずむ猫と雨脚。雨音と空気に溶ける湿気の匂いまで漂ってきます。詩心のある人の鋭敏だが寛ぎのこもった視覚。

モノクロ写真の部 全日写連賞
2018-11-19 23:37  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 145hit ]
「 アザラシと少女」  笹沼 昭二 写真の面白さは、驚きにあることを教えてくれる。見た時の目のよろこび。カメラを構えてからのひと工夫。カメラで遊ぶ楽しさをおしえてくれる。シャッターは一瞬だが、チャンスを待つことで創造への階段をのぼる。

モノクロ写真の部 特選
2018-11-19 23:37  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 136hit ]
 「母 米寿」  若林 茂  母親のポートレイトをこんなにも自然な豊かさの表情で写真にすることができるのは、孝行息子の証拠です。日頃の親子の親密さが、写真から溢れでています。杖に置いた手の仕草や肩や腕の線が柔和な顔の表情をいっそう滑らかに引き立てています。いい感じ。 

モノクロ写真の部 特選
2018-11-19 23:36  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 135hit ]
「 踏ん張る」  林 邦良  カエルさんたちの動きが実にいいですね。タイトルの「踏ん張る」も、小さな命の懸命さに声援を送る気持ちがこもっていていいですね。写真は、撮るものと撮られるもの生きものどうしとしての心の交流だと教えてもらえます。ただ、もっと大胆にカットしてケースと解らなくすると意味がもっと大きくなったかも知れません。

モノクロ写真の部 特選
2018-11-19 23:36  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 115hit ]
 「早乙女」  齋藤 幸子  斉藤さん。うまい。何の衒いも無く素直に撮った写真だが、構図とシャッターチャンスが絶妙です。真四角な構図は簡単なようだが実はむずかしい。田植えする人たちの表情と水面が美しい。早乙女にしては年齢が高かめの婦人たちだが、それが肯定的なタイトルになるのは人間的写真の証し。 

1 - 24 件目 ( 2131 件中)   前 1 2 3 4 5 6 7 ... 89
事務局からの連絡
 
「静岡の今」ニュース
  朝日新聞静岡県版
   「一写一筆」
  中田美智雄さんの
  「柿の里」
   掲載!
    (12.8@)
 
   緊急募集!
「師走・年の瀬」の風景を
お寄せください。 
     (12.8@)
 
 
 秋季大撮影会   
たくさんのご応募
  ありがとうございました。
審査結果の発表をお楽しみに。
発表は、12月中旬の予定です。
    
 
Web写真展 静岡の今  
 
冬の部(12月〜192月撮影分)
 お気軽にご応募ください。   
             
 <応募の仕方
 写真をメールに添付

 応募先メールアドレス

 こちらから 募集要項の中に! 

・以下をメール本文に書いてください。

 1.題名 2.撮影地

 3.撮影者 4.撮影年月日

 5.撮影者コメント

 

全写真は  こちらから

   

朝日新聞・静岡マリオン》 

[全日写連だより] 掲載   

 

 12月掲載予定支部

  •   駿河湾支部
  •  静岡デジタルフォト支部

原稿締め切り日 12月12日(水) 

掲載予定日  12月19日(水)  

 

 ’19.1月掲載予定支部

  •   あおい支部
  •  静岡あかね支部

原稿締め切り日 1月16日(水) 

掲載予定日 1月30日(水)  

    

<原稿の送り先>

 ◎朝日新聞静岡総局

 [全日写連だより]

担当: 佐々木 凌さん

 ・メールアドレス

sasaki-r2@asahi.com

・携帯

 080-2589−0779

 よろしくお願いします。

 

 

 

 [あなたのHPを県本部HPへ、リンク!]

 ・支部のHPや会員個人のHP、会員所属写真グループのHPなど、どうぞ「お問い合わせ」からご紹介ください。