information(現在、 1884 件登録されています!)
地図表示
お知らせ (342)
ギャラリー (1232)
1 - 24 件目 ( 1884 件中)   前 1 2 3 4 5 6 7 ... 79
静岡デジタルフォト支部17’2月例会
2018-2-22 20:34  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 29hit ]
 「 冬日 」  福島 耕司 選評 : 全日写連関東本部委員  中村 勝利  氷のオブジェが林立する中を縫うように男の子と女の子が走っている。すべりそうな危険な所を笑顔で走る姿が子供らしい。寒さを感じさせない、すがしさを出している。と思う。

静岡デジタルフォト支部17’1月例会
2018-2-22 20:27  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 28hit ]
 「登るの大変」  遠津 輝男 選評 : 全日写連関東本部委員  中村 勝利  ステンレス製のスベリ台を下から登って行く少年を逆光で捉えた作品である。正面に太陽を置き、まぶしくて、しかもステンの輝きで苦労している様が感じられ、意欲的な作品である。これがモノクロだともっと光が強調出来て良いと思う。

伊豆下田支部18’2月例会
2018-2-22 15:27  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 42hit ]
 「ガラスの街」  竹之内範明  選評 : 全日写連関東本部委員 中村明弘  人間を圧倒する都会のビル群が、ガラスの持つ透明感、冷たさ、危うさなどを包含しつつ日々変身を遂げて行く。その姿を大きなスケール感を失うことなく繊細に描いている。本来、垂直と水平からなる建築物を、斜めのラインを大胆に生かし、緊張感のある画面を作っている。そんな近代的な街が作られている世界に、烏、雪、人の群れなどが小さく入り込んで、少しアンバランスな感じはあるものの、作者らしいほっとするような世界に仕立て上げた。この組写真の...

あおい支部18’2月例会
2018-2-22 13:37  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 31hit ]
 「旅の親子」  望月導章  選評 : 全日写連関東本部委員 中村明弘  赤系統の色彩の中に、携帯の光が青白く女性の顔をてらし出している。赤いカーペット、濃淡のある洒落た塗り壁。ここはどこなのだろう…。移動用の手押し車が2台。乳母車の方にはこの家族の荷物が無造作に積まれている。母親はベンチに腰掛け、割と大きな子がその膝に眠っている。優しく女性の手がその男の子に添えられている。乳母車に乗っていた小さい子がもう一人いるはずだが…。それに男親はどこに?そんなことを詮索したくなるような「魅...

<静岡の今> 「静浦バイパス完成、道なかば」 梅原邦隆 
2018-2-22 12:59  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 69hit ]
  「静浦バイパス完成、道なかば」 沼津市下香貫&大平地区         梅原邦隆  2018年2月15日 撮影 ■撮影者コメント 静浦バイパスは、国道414号の慢性的な渋滞解消を目的に下香貫地区と、伊豆の国市南江間地区を結ぶ、7.0K区間。その、1期工事として、沼津アルプストンネル(1177m)は2月15日に貫通しました。これからの工事の無災害を祈ります。   ※この「静岡の今」HP掲載写真は、これまで1テーマにつき写真1枚としてきましたが、梅原さんには、お願いして3枚に組んでいただきました。2枚や3枚で伝...

<静岡の今> 「オハナミツアー始まる」 竹之内範明
2018-2-20 10:42  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 53hit ]
 「オハナミツアー始まる」 賀茂郡河津町            竹之内範明     2018年2月18日 撮影 ■撮影者コメント 例年より10日ほど遅く河津桜が咲き揃い始めました。まだまだ全体としては二分咲きといったところで、見ごろは2月下旬から3月上旬でしょうか。開花期間がほぼ1か月と長いので「桜まつり」期間中の人出100万人の目標(昨年90万人)も達成できるかも。早めに少し咲き揃った木の下では外国人観光客が盛んに記念写真を撮っていました。観光以外これといって産業のない高齢化の町が一番活気...

富士宮支部17’1月例会
2018-2-18 22:53  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 85hit ]
 「大道芸の夜」  小林 一久 選評 : 日本写真家協会会員  松野 正雄  素晴らしい画面構成の3枚組で大道芸の楽しさ、迫力がストレートに伝わってきます。逆光の中に虹色にうかぶシャボン玉や月、黒っぽい雲がドラマチックなステージ、手前の見物人のシルエットやスマホの画面など、すべてに神経の行き届いたフレーミングで捉えています。テクニックと画面の変化で印象強い作品になっています。

遠藤啓さんの活動が朝日新聞に!
2018-2-17 21:15  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 54hit ]
 ●三島支部の遠藤啓さんの   カンボジアでの写真活動    朝日新聞に掲載されました。  「想いで」贈る カンボジアでクラス写真  カンボジアの子どもたちを撮り続けてきた遠藤明啓さん(全日写連三島支部)の活動、です。  同じ全日写連の仲間の活躍、素晴らしいですね。                (県本部 中村明弘)

御殿場支部18’1月例会
2018-2-15 22:14  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 61hit ]
 「 朝 」  林 邦良 選評 : 全日写連関東本部委員  中村 勝利  濃霧の朝の街の情景が描かれています。何かの配達人?らしきオートバイがライトをつけて行く、暗い中電気を点けている家、安全を図り集団登校する子供。三枚で霧につつまれた街の様子を実にうまく表現している。

掛川支部18’2月例会
2018-2-11 23:28  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 73hit ]
「 間道 」  杉本 徳治 選評 : 全日写連関東本部委員  小野崎 徹 竹林の木漏れ日が複雑な模様を作っています。タイヤの踏み跡のような二本の太い影に導かれた視線の先にある道標が十字架のようでもあり、通せんぼをしているようにも見えます。生い茂った竹のトンネルの向こうは光に溢れ別世界。光と影をうまく切り取り、想像をかきたてられる作品に仕上げています。

富士宮支部写真展
2018-2-11 18:10  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 61hit ]
 第25回 全日写連 富士宮支部写真展 会場 :富士宮市民文化会館会期 :平成30年3月16日(金)〜3月18日(日)時間 :9:00〜17:30(最終日16:00まで)

松永愛子写真展
2018-2-11 17:14  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 71hit ]
 松永愛子写真展異郷好日 「ポルトガル」  ポルトガル。かつてここから出航した数々の船団が世界を席巻し、その古い栄光の歴史と文化に育まれてか、落ち着いた温かい人々や石畳の路地に出合い、生活風景を主に撮影を楽しみました。日本へ鉄砲が伝わり、ブランコ、ビスケットなど日本語になったポルトガル語が多くあります。ご高覧いただけたら幸いです。 会場 :しずぎんギャラリ―四季 静岡会期 :18/2/15(木)〜2/21 10時〜17時            (初日13時〜/最終日〜15時)入場無料お問合せ 松...

「一写一筆」(第41回)朝日新聞に掲載
2018-2-10 13:03  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 60hit ]
  「一写一筆」(第41回)     神尾 一さんの写真が、2月3日朝日新聞朝刊に掲載されました。 

 「一写一筆」(第40回)朝日新聞に掲載
2018-2-10 13:00  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 48hit ]
  「一写一筆」(第40回)     遠藤 啓さんの写真が、1月20日朝日新聞朝刊に掲載されました。  

浜名湖支部17’2月例会
2018-2-8 9:56  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 82hit ]
「姿勢を正して」   尾藤 功次 選評 : 全日写連関東本部委員  山村 行志  明るいバックの中、一本足で凛として立つ姿は正に肖像画の様です。主役が少し小さ過ぎた感がありますから、周りを少しカットして青鷺の存在感を出したらもっと迫力が出たかも知れませんね。 

富士支部17’1月例会
2018-2-7 22:38  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 99hit ]
「路地裏」  鈴木 文雄 選評 : 関東本部委員  山本 敦美  モノクロ三枚組でうらぶれた路地の雰囲気を表現しました。蔦の絡まった家や塀の三枚組で少しダブり感もしますが、ローキー調に仕上げたことで薄暗く人気の絶えた裏の裏の路地の様子が印象的見えてきました。そして、この作品はかって人の往来で賑やかだったこの通りが、人口減少や車主体への暮らしの変化で急激に過疎化が進行した現代世相の変動状況をしっかり物語っています。栄枯盛衰の厳しさを感じさせる奥の深い作品となりました。 

<静岡の今> 「平成30年の節分」  宗像正人
2018-2-5 20:47  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 125hit ]
  「平成30年の節分」  静岡市葵区 駒形神社         宗像正人    2018年2月3日 撮影 ■撮影者コメント 小さな商店街の片隅で、立派な節分行事に出会いました。

岩本山イベント
2018-2-4 23:18  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 68hit ]
 富士山と「梅」「桜」の絶景   岩本山イベント 場所:富士市 岩本山公園2/1(木)〜4/8(日)詳細は添付資料参照の事

静岡あかね支部17’12月例会
2018-2-4 22:58  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 105hit ]
 「露地裏」  綾木 恵子 選評 : 全日写連関東本部副委員  山田 康   露地裏という言葉から感じるイメージは一寸狭いぐちゃぐちゃ感のある通り道だろうが、この露地は小綺麗でお洒落な場所である。飼い猫が写真の主人公。右写真に猫が昼寝する座布団、何かに興味を持って覗き込む立ち猫、飼い主が来たのですり寄る猫。住宅街と商店街が混在する裏道を歩くと写真になる場所が多々あるのでカメラを持って散歩しながらキョロキョロする・・・と言っても怪しまれないよう気を付けてスナップ写真を撮り続けましょう。 ...

あおい支部18’1月例会
2018-2-4 21:37  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 99hit ]
 「ランチタイム」  宗像正人  選評 : 全日写連関東本部委員 中村明弘  ランチタイム…、一人暮らしのお年寄りが続々と集まってくる。そこは行きつけのラーメン屋だったり、蕎麦屋だったりする。子どもを幼稚園や学校に送り出した後、主婦たちが数人で集まってランチで盛り上がる姿も良く見かける。このおばさんは、自転車で一人やって来た。強い斜光線が当たった黄色の看板とそこに描かれた影のような三つの奇妙な形がおもしろい。つい、どれがおばさんの影だろうかと探してしまうが、その影は見当たらない。その空しさ...

浜松支部17’1月例会
2018-2-3 23:04  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 90hit ]
 「未来の直政」  田中勝一 本人コメント : 「NHK大河ドラマ 女城主 直虎」が終了しましたが、井伊家復活の人 直政の現代モデルに圧巻されドラマを思い出しながら撮影しました。この子も今後の日本を立派に背負い活躍してもらいたいものです。

三島支部18’1月例会
2018-2-2 23:20  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 135hit ]
 「谷中にて」  樋田 進 選評 : 全日写連総本部顧問  日橋 義雄  これは谷中で撮ったんですね。この場所はねスナップになるチャンスが多いところなんでね、カメラマンにとってはメッカと言う所でしょうね。そういう雰囲気の写りがうまく出来てます。その中でこのようなカップルにも出会ったという事、このカップルは何の用でここにいるのかな?モデルさんなのかな?でも、この二人よくこの場所に似合いますよね。そこがこの作品を面白くしているのではないかと思います。更にね、この場所の面白いのはこの階段部分もそうだ...

<静岡の今> 「柿田川の川霧」  高根美奈夫
2018-2-1 10:19  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 95hit ]
  「柿田川の川霧」  清水町           高根美奈夫  2018年1月31日 撮影 ■撮影者コメント 柿田川に発生する川霧撮影に、厳冬の今年何回か行きましたが、気温が低い割にはいつも発生せず空振りが続きました。柿田川の水温は15℃。水温と外気温度差が15℃あれば発生と思っていました。しかし、気温氷点下でも発生しません。何故?何故? 気温の他にどうも湿度が関係と思い、昨日(1/30)に雨が降り、今朝チャンスと思い出かけましたら、案の定、川霧が発生しました。気温だけでなく湿度が関係している自然...

沼津支部17’12月例会
2018-1-30 22:34  投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 119hit ]
 「姉の爪切り」  若林 茂 選評 : 全日写連総本部理事  林 喜一  素晴らしい写真だと思います。光の当たり具合と言い、血管の浮き出た手の迫力と言い、申し分ありません。ワイド系のレンズを使った事で画面全体に迫力と言うか、力強さが良く出ていますし、絆創膏が貼って有るのもこの場合には良いアクセントになって居ます。出来ればもう少し手の質感が出せれば言う事は有りません。タイトルはこの場合、『妻の爪切り』の方が良いのでは?

1 - 24 件目 ( 1884 件中)   前 1 2 3 4 5 6 7 ... 79
事務局からの連絡

   
静岡の今」 募集中! 
新しい試みを、開始します!
●これまで「1テーマを1枚写真で!」と募集してきましたが、2枚組、3枚組での表現試していこうと思います。
ぜひ、挑戦してください。
●2枚、3枚の場合、左、中、右、等、順番のわかるよう指示してください。
●朝日新聞の県版の「一写一筆」に選ばれた場合は、一枚掲載となる予定です。
●もちろん、これまで通り「1テーマを1枚写真で!」続きます。
              こちらから
             (2.23@)
 
<募集中> 
冬の部(12月〜2月撮影分)
春の部(3月〜5月撮影分)
「年度替わり」「春」などをテーマに。
 ◎朝日新聞「一写一筆」の筆者
 富永さんも、待っています。
 (応募はメール添付が、簡単です)

以下のメモをメール本文に書いてください。

1.題名

2.撮影場所

3.撮影者

4.撮影年月日

5.撮影者コメント

※応募先メールアドレスは

 ●募集要項  こちらから中に。 

 「静岡の今」は こちらから

 

 

   

朝日新聞・静岡マリオン》 

 ◎朝日新聞静岡総局の

 [全日写連だより]担当者が

 替わられました。

   華野さんです。

 PCメールアドレス

hanano-y2@asahi.com 

  (10.6@)

 

 [全日写連だより] 掲載  

 2018年

   2月掲載予定支部

  御殿場支部

  三島支部

 原稿締め切り2月14日(水) 

 掲載予定日 2月28日(水) 

 

  3月掲載予定支部

  沼津支部

  富士宮支部

 原稿締め切り3月14日(水) 

 掲載予定日 3月28日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 [あなたのHPを県本部HPへ、リンク!]

 ・支部のHPや会員個人のHP、会員所属写真グループのHPなど、どうぞ「お問い合わせ」からご紹介ください。