作品作りの勉強会を進めています。(2015年7月)

 <浜松支部>

 作品作りの勉強会を進めています

             <浜松支部長 辻村友博>

 

 私たち浜松支部は、支部員の作品レベルの向上を目指して、例会での作品講評のほかに 思いどおりの写真に仕上げていく為の 技術教室を始めて 前回で6回を数えました。支部員一人一人のカメラが異なるのはもちろん、PCもソフトもプリンターも様々なので、希望する支部員のお宅に集合し、そこで そのPC  ソフト  プリンターに合わせた指導を 支部員の高山さんが中心となり 毎回4〜5人程度で行っています。

 内容は、モニター調整に始まり 画像ソフトを立ち上げ レタッチ 色補正 トリミング ホワイトバランスの調整のやり方、保存の方法 、印刷用紙の選び方などです。 最終的に印刷して プリンターの環境設定の確認を行います。これらの作業の方法を、 一方的な指導ではなく 質問したり教えあったり時間の許す範囲で行っています。

 中村委員長にお願いします。

 ソフトもプリンターも様々ですが、目的は より良い作品づくりの為です。その為支部員の中だけでは 限界もあるので、是非講師の先生を派遣していただいてデジタル講習会を浜松支部で開いてほしいと支部員全員の意見が出ております。よろしくお願いいたします。

 

 <執行部より>

 先日、浜松支部写真展を拝見させていただきましたが、ほとんどの方がご自分でプリントされていると辻村さんからお聞きして、素晴らしいと思いました。4月の総会の時に、浜松支部のデジタルの勉強の進め方に興味を持ちました。なるほど、個人個人の状況を把握して、それに合うように支部内の講師が面倒を見ていく…、そういうことなのですね。ご報告をありがとうございました。

 今、事務局長の藤田さんが各支部の状況についてのアンケートをまとめてくれています。それを待って、要望のあるところについて、具体的に進めていけたらと思っています。よろしくお願いいたします。

                     委員長 中村明弘        

浜松支部 )