モノクロ写真の部 最優秀賞

最優秀賞 「日だまり」 大石 薫

 

講評: 大西みつぐ

 

1930年代に活躍した安井仲治の「犬」の写真を彷彿とする優れたモノクローム作品。
安井作品は時代への不安を、鉄格子の中から見つめる犬の目に象徴させましたが、
このワイ ヤでつながれた犬もちょっと悲しげにこちを見つめています。
背後に黒い影が浮かび、孤独感も高まります。作者はそうした生き物の存在に対峙し、自己をも見つめていくような態度で静謐な作品に仕上げています。
モノクローム本来の深い味わいがここにあります。
 

 

最優秀賞 「日だまり」 大石 薫
最優秀賞 「日だまり」 大石 薫