第60回静岡県写真展 審査終わる。
2015-7-31 14:57 投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 2286hit ]

 第60回静岡県写真展 審査終わる

                    報告:中村明弘県本部委員長

 

 去る7月27日(月)、 朝日新聞東京本社にて、第60回静岡県写真展の審査が行われました。審査は、写真家の土田ヒロミ氏。

 連日の猛暑の中、審査は、午前中にカラーの部を、そして午後からは、モノクロの部、組写真の部と行われました。今回は、「フォトアサヒ」に連載が始まった「新米編集者タナがゆく!・写真現場探訪記」の棚橋万貴さんが取材に見えられました。どんな記事になりますか・・・・。それも楽しみです。

 さて、応募状況ですが、3部門への延べ応募人数が昨年の347人を超えて、381人でした。カラー写真の応募枚数は1403枚、モノクロは493枚、組写真は210組でした。

 昨年と比べ応募者、応募枚数ともに増加しています。審査に当たられた土田氏によれば、こういうコンテストは、年々、応募者や応募作品数が減っていく傾向にあるが、増加しているのは珍しいし、素晴らしいということでした。

 県下各支部の取り組みでは、多くの支部が、それぞれの支部の状況を踏まえ、一人でも多くの会員をとがんばってくださいました。支部長さんをはじめ、HP担当者、そしてベテランのみなさんなどなど熱意溢れる働きかけに、感謝申し上げます。

 また、個人会員のみなさんも多くの方が応募してくださいましたし、会員以外の一般の方々も、ありがとうございました。県下の写真愛好家のたくさんのクラブ所属の方からのご応募、また、お一人でこつこつと取り組んいらっしゃるみなさんも、ご応募ありがとうございました。

 審査結果は、8月初旬にはご報告できるように、事務局一同がんばっています。もうしばらく、お待ちください。


 尚、審査の手伝いに県本部からは私と、横井守副委員長、山本敦美副委員長、藤田寛司事務局長の四名が参加しました。

                     

 

 

 

 

 

 審査風景     (撮影:中村明弘  2枚とも)
 審査風景     (撮影:中村明弘  2枚とも)
 審査される土田ヒロミ氏  
 審査される土田ヒロミ氏  
カテゴリ内ページ移動 ( 386  件):     1 ..  172  173  174  175  176  177  178  .. 386    
事務局からの連絡
 
 秋季大撮影会   
 「富士宮祭り」を撮ろう
 ◎無事終了しました。
 大勢のみなさんのご参加、
 ありがとうございました!
  <作品の応募期間>
 11月12日〜27日
         消印有効
 奮ってご応募ください!
     (11.5事務局)
 
 
Web写真展 静岡の今   
秋の部(9月〜11月撮影分)
 「各地の秋・祭り・日常…」
 お気軽にご応募ください。      
             
 <応募の仕方
 写真をメールに添付

 応募先メールアドレス

 こちらから 募集要項の中に! 

・以下をメール本文に書いてください。

 1.題名 2.撮影地

 3.撮影者 4.撮影年月日

 5.撮影者コメント

 

全写真は  こちらから

   

朝日新聞・静岡マリオン》 

[全日写連だより] 掲載   

  11月掲載予定支部

  •   富士岳南支部
  •   富士支部 

原稿締め切り 11月14(水) 

掲載予定日 11月28日(水)

 

 12月掲載予定支部

  •   駿河湾支部
  •  静岡デジタルフォト支部

原稿締め切り日   未定

掲載予定日    

   

<原稿の送り先>

 ◎朝日新聞静岡総局

 [全日写連だより]

担当: 佐々木 淩さん

 ・メールアドレス

sasaki-r2@asahi.com

・携帯

 080-2589−0779

 よろしくお願いします。

 

 

 

 [あなたのHPを県本部HPへ、リンク!]

 ・支部のHPや会員個人のHP、会員所属写真グループのHPなど、どうぞ「お問い合わせ」からご紹介ください。