よびかけ6 「静岡の今」に!
2015-7-31 16:05 投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 1873hit ]

 よびかけ6  

web写真展「静岡の今」 へ ご応募ください!

私たちの写真で、「静岡の今」を、記録・表現しませんか。

 

 2015年度 夏の部(6月〜8月)の作品募集中!

2015年7月20日より応募を開始しました。HPをご覧いただいていますか? 7月は、2名の方からご応募いただきました。ありがとうございます。

 

◎応募作品は、3年以内に撮影されたもの、と変更します。 

 撮影一年未満では、いい作品がなかなかないなあ…、という声がありました。そこでも

う少し応募しやすいようにと、この変更を考えた次第です。どうぞ、よろしくお願いしま

す。

 県展に応募された作品も「静岡の今」に出すことができます。特に、入賞を逃した作品

の中にも、この「静岡の今」の企画にぴったしのものもあるはずです。ぜひ、そういう写

真を生かしてください。

(会員の方の返却作品で、「静岡の今」に応募して欲しい作品には、写真裏の応募票にピンクのシールを貼らせていただきます。その時期が来ましたら、ぜひご応募ください。)

 

■紹介『静岡の四季』より (6)

富士宮支部の外記省吾さんからも、原稿を寄せていただきました。ご紹介します。

 「この写真は、富士宮市に200体余りある双体道祖神(小さな石に文字または絵姿の男神女神、双体を刻んだ路傍の神様)にカメラを向けていた時代のものです。集落に入り込む厄(わざわい)を部落の入り口で道祖神が受け止めるとされていて、毎年1月14日、道祖神が背負った災いを焼き払うための行事が「どんど焼き」でした。

そんな行事も、かつてのように子どもたちも多くはなく、田畑も新興住宅地などに変わり、都会文化が進む中で場所もすっかり狭められ、このような写真は撮れなくなってしまいました。

 

写真は、いいなーと感じたらまずシャッター。そんな心の動きを毎日の暮らしの中で楽しみたい。好きなカラオケを自分のキーで歌うように、己の心を記録したい。人生に足跡を残しながら…。そんな「写心」が、見る人の記憶の中にいつまでも残るのかもしれない。

                      (2015年7月  外記省吾)

 

ドンド焼き 富士宮市北山  外記彰吾
ドンド焼き 富士宮市北山  外記彰吾
ドンド焼き 富士宮市北山  外記彰吾
ドンド焼き 富士宮市北山  外記彰吾
カテゴリ内ページ移動 ( 414  件):     1 ..  199  200  201  202  203  204  205  .. 414    
事務局からの連絡
  第64回
静岡県写真展
 9月18(水)〜
    9月23日(月・振休
 静岡市清水文化会館
  作品募集期間
7月8日(月)〜7月23日(火)
 
 ●チラシができました。
 支部長さんに送りました。
 フォトアサヒ7月号(6月発行)
にも同封されます。
      (5.30@)
 
 
Web写真展 静岡の今  
    夏の部 募集!
 (6月〜8月撮影分) 

     

静岡の今/応募の仕方  
 ・写真をメールに添付

 応募先メールアドレス

 こちらから 募集要項の中に! 

・以下をメール本文に書いてください。

 1.題名 2.撮影地

 3.撮影者 4.撮影年月日

 5.撮影者コメント

 

これまでの全写真は  

         こちらから

 

 

朝日新聞・静岡マリオン》 

[全日写連だより] 掲載     

 6月j掲載予定支部

  富士岳南支部

  富士支部

原稿締切日 6月12日(水)

掲載予定日 6月26日(水)

    

<原稿の送り先>

 ◎朝日新聞静岡総局

 [全日写連だより]

 担当

  和田翔太さん

080-1575-8665

 wada-s@asahi.com

   (事務局@) 

 

 

 [あなたのHPを県本部HPへ、リンク!]

 ・支部のHPや会員個人のHP、会員所属写真グループのHPなど、どうぞ「お問い合わせ」からご紹介ください。