<静岡の今> 「奇跡のクスノキ 土壌改良」  中村明弘
2018-3-2 21:36 投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 925hit ]

  「奇跡のクスノキ 土壌改良」  静岡市葵区

 

          全日写連関東本部委員 中村明弘  2018年3月1日 撮影

 

■撮影者コメント

 弥生一日、春一番が「春の嵐」にとなって吹き渡る中、「奇跡のクスノキ」の土壌改良が行われていた。このクスノキは、73年前に2000人以上が犠牲になった静岡空襲で街と共に焼かれたが、その3年後に黒い炭のようになった幹から芽吹きはじめ、今は高さ15メートルの大木となっている。

 このクスノキ、近頃は枯れ枝が目立つようになり、「平和の大切さを伝える木」として守って行こうとする人たちから「なんとかしてほしい」という声が上がっていた。そしてこのクスノキ、水を求めて根っこを伸ばし周辺の歩道を押し上げ、市の道路管理の役人を心配させていた。その両者の「願い」が重なって、今回の工事となった。

 突風に何度も帽子を飛ばされそうになりながら、掘り起こされた穴を覗くと、周りの土が除かれて、太い根っこが姿を見せている。土壌改良は、この根っこの周りに軽石と肥料を混ぜた新しい土を入れてやり、根の成長を促そうというものだ。

 平成生まれの女学生たちが長い髪を風になびかせて通って行く。明るい笑顔が、春の訪れを知らせてくれているかのようだ。

カテゴリ内ページ移動 ( 25  件):     1 ..  19  20  21  22  23  24  25  次
事務局からの連絡

 

◆EPSONからの

   お知らせ

エプソン フォトポート

  こちらから

  (5.16@)

  

第65回静岡県写真展

 中止になりました。

 詳細は→こちらから

  

  Web写真展静岡の今  

  夏の部 募集中
 (6月〜8月撮影分)
 <撮影ヒント>
 

 静岡の今/応募の仕方  

 ・写真をメールに添付

 応募先メールアドレス

 こちらから 募集要項の中に! 

・以下をメール本文に書いてください。

 1.題名 2.撮影地

 3.撮影者 4.撮影年月日

 5.撮影者コメント(簡単な) 

 

これまでの全写真は  

         こちらから

 

  

朝日新聞・静岡マリオン》 

 [全日写連だより] 掲載


※支部の都合で変更することもあります。

  <6月掲載>

 ・浜名湖支部、伊豆下田支部  

 原稿締め切り 6月17日(水)  

 掲載予定    7月1日(木)

  <7月掲載>

 ・御殿場支部、三島支部  

 原稿締め切り 7月15日(水)  

 掲載予定    7月29日(水)  

  

<原稿の送り先>

 ◎朝日新聞静岡総局

 [全日写連だより] 

担当記者が替わります。

記者:植松 敬

(うえまつ・たかし)

   080-2354-6407

 E-Mail

 uematsu-t@asahi.com

    (2020.5より)

 

 [あなたのHPを県本部HPへ、リンク!]

 ・支部のHPや会員個人のHP、会員所属写真グループのHPなど、どうぞ「お問い合わせ」からご紹介ください。