<静岡の今> 「変わる中田島砂丘」  中村明弘
2018-5-2 14:02 投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 439hit ]

  「変わる中田島砂丘」  浜松市 

 

       全日写連関東本部委員 中村明弘  2018年4月30日 撮影

 

■撮影者コメント

 浜松まつりの凧揚げが行われることでも有名な中田島砂丘。日本三大砂丘の一つとも言われ、私たちの写真仲間で知らない人はない…、と思います。その砂丘に異変が起きています。「きれいな砂丘の写真を撮りに来たが、残念だった!」という報告などもインターネットで見かけます。

それは浜松市の沿岸域防潮整備事業が進み、砂丘の真ん中を高さ13メートルの津波対策用の堤防が横切っているからです。砂丘の美しさを求めてやって来た観光客が見たら、さぞがっかりするでしょう。しかし、津波の被害を受けるかもしれない人の立場に立ってみれば「砂丘に防潮堤も止む無し」ということなのでしょう。それにしても…です。

左の写真奥に砂山の壁が見えます。右の写真は、その出来てきた堤防に上る人たちです。時々、ダンプカーも通り抜けます。この坂を上りきると、眼下に海が臨めます。

撮影に出かけたのは連休前半の4月30日。「浜松まつり」の数日前。三々五々やって来る観光客。それに混ざって凧揚げの練習に来た町の人たちの姿もありました

 この工事は平成31年5月30日までとのことでした。完成した時には、元の「美しさ」とは少し違った新しい「美しい砂丘」の景色が見られるのではないかと期待しています。

カテゴリ内ページ移動 ( 25  件):     1 ..  4  5  6  7  8  9  10  .. 25    
事務局からの連絡
 
 秋季大撮影会   
 「富士宮祭り」を撮ろう
 ◎無事終了しました。
 大勢のみなさんのご参加、
 ありがとうございました!
  <作品の応募期間>
 11月12日〜27日
         消印有効
 奮ってご応募ください!
     (11.5事務局)
 
 
Web写真展 静岡の今   
秋の部(9月〜11月撮影分)
 「各地の秋・祭り・日常…」
 お気軽にご応募ください。      
             
 <応募の仕方
 写真をメールに添付

 応募先メールアドレス

 こちらから 募集要項の中に! 

・以下をメール本文に書いてください。

 1.題名 2.撮影地

 3.撮影者 4.撮影年月日

 5.撮影者コメント

 

全写真は  こちらから

   

朝日新聞・静岡マリオン》 

[全日写連だより] 掲載   

  11月掲載予定支部

  •   富士岳南支部
  •   富士支部 

原稿締め切り 11月14(水) 

掲載予定日 11月28日(水)

 

 12月掲載予定支部

  •   駿河湾支部
  •  静岡デジタルフォト支部

原稿締め切り日   未定

掲載予定日    

   

<原稿の送り先>

 ◎朝日新聞静岡総局

 [全日写連だより]

担当: 佐々木 淩さん

 ・メールアドレス

sasaki-r2@asahi.com

・携帯

 080-2589−0779

 よろしくお願いします。

 

 

 

 [あなたのHPを県本部HPへ、リンク!]

 ・支部のHPや会員個人のHP、会員所属写真グループのHPなど、どうぞ「お問い合わせ」からご紹介ください。