<静岡の今> 「芸術活動の新潮流」  吉川正宏
2019-5-7 11:04 投稿者: 09kenhonbu (記事一覧) [ 234hit ]

  「芸術活動の新潮流」 1    静岡市 市役所構内

 

              吉川正宏     2019年5月5日 撮影

 

■撮影者コメント

   静岡市街では4年前の2016年から「ストレンジシード静岡」というイベントが行われています。  演出家のウォーリー木下さんがディレクターをしています。次に資料から引用します。

 

 『ウォーリー木下は同イベントについて「屋外の様々な場所で、その風景や場所の形、さらには風や太陽、通行人をも舞台装置のひとつとして使って舞台が上演されます。基本的にすべて入場無料。出入りも自由。作り手にとっても観客にとっても、舞台表現の枠がずいぶんと広がる試みだと思っています」と述べている。』

 

具体的には呉服町、静岡市役所構内、駿府城公園などで若手の役者やダンサーたちが観客を巻き込み熱演するものでその情熱が直に伝わってきます。写真は「超歌劇団」のばかばかしくも、くそ真面目な怪演です。

カテゴリ内ページ移動 ( 30  件):     1 ..  7  8  9  10  11  12  13  .. 30    
事務局からの連絡
 
 春の写真講座
  日時:3月8日(日)
 ライトルームで
  モノクロを極めよう!
      (2.4@)  
 
 首都圏ブロック撮影会
撮ろう!TOKYO 2020
 5月実施こちらから
     (2.9@)
 
 Web写真展静岡の今  
 ●個人会員の方も応募できます
 冬の部 募集中
 (12月〜’20.2月撮影分) 
        

 静岡の今/応募の仕方  

 ・写真をメールに添付

 応募先メールアドレス

 こちらから 募集要項の中に! 

・以下をメール本文に書いてください。

 1.題名 2.撮影地

 3.撮影者 4.撮影年月日

 5.撮影者コメント 

これまでの全写真は  

         こちらから

  

朝日新聞・静岡マリオン》 

 [全日写連だより] 掲載     

 

<2月掲載>

・富士岳南支部、富士支部  

 原稿締め切り 2月12日(水)  

 掲載予定   2月26日(水)  

<3月掲載>

・駿河湾支部、静岡デジタルフォト支部  

 原稿締め切り 3月11日(水)  

 掲載予定   3月25日(水)  

 
<原稿の送り先>

 ◎朝日新聞静岡総局

 [全日写連だより] 担当

記者:戸田和敬

 Kazutaka Toda   

   080-2589-1557

 E-Mail

 toda-k9@asahi.com

    (2019.6より)

 

 [あなたのHPを県本部HPへ、リンク!]

 ・支部のHPや会員個人のHP、会員所属写真グループのHPなど、どうぞ「お問い合わせ」からご紹介ください。