第62回静岡県写真展 上位入賞作品(0 件)

 第62回静岡県写真展

 

総評 : 審査員 日本カメラ前編集長 前田利昭

 

 昨年に続いて皆さんの作品を拝見しましたが、その際の印象と変わらず、キチッと真面目に

仕上げられた一定水準を超えた作品が多いことに感心しました。そして同様にその隙のなさに

さらに贅沢な注文を付けたくなってきました。もう少し、柔軟な、のびのびとした表現も見た

くなってしまうのです。そこで私なりの提案ですが、応募作品選びの時に、「なぜ自分はこん

な写真を撮ってしまったんだろうか」といった作品にもあえて目を通し、見直してみるという

のはどうでしょうか。構図的にもアンバランス、コントラストも色彩も中途半端、シャープネ

スも不足などネガティブな要素がどこかにある、でもなぜか気になって応募候補に残していた

‥‥そんな作品にもしかすると思いがけない写真の魅力が潜んでいるかも知れないからです。

またそういう作品には撮り手のクセというか、無意識のうちに露出する撮影者固有の視点が存

在している可能性もあります。思いきってそんな一点を応募してみたら上位入賞という例は経

験上、少なくありません。もっともこれは審査する人間の思い込みかもしれませんし、言うは

安し、そんなことで入賞できるなら苦労はないという声も聞こえてきそうです。しかし少々の

技術的欠損には目をつぶって、その作品が放つ写真本来の輝きみたいなものを発見する目を養

う、という意味でも試してみる価値はあると思います。力を持った皆さんだからこそ、ちょっ

とわがままを言わせてもらいました。

 

 

上のカテゴリへ記事の一覧へ
 地図を検索  (住所や地名等を入力してください。)
 
マーカーリスト
選択してください。
ただいま読込中...
緯度: 35.196256   経度: 138.397522   ズーム: 9
事務局からの連絡
 
 3月8日(日)予定の
 春の写真講座
延期させていただきます
 新型コロナウイルス蔓延が
 危惧されていますので、
 県本部にて協議の結果
 下記のように 延期する
 事となりました。
   118日(日)
 内容はそのままです。
 参加を希望されをていた
 みなさん、ご了解ください。
 
 ●尚、支部長さんには
 メールでご連絡しました。
 支部会員のみなさんに、
 その旨、よろしく
     お伝えください。
     (2.22@)  
 
 首都圏ブロック撮影会
撮ろう!TOKYO 2020
 5月実施こちらから
     (2.9@)
 
 Web写真展静岡の今  
 ●個人会員の方も応募できます
 冬の部 募集中
 (12月〜’20.2月撮影分) 
        

 静岡の今/応募の仕方  

 ・写真をメールに添付

 応募先メールアドレス

 こちらから 募集要項の中に! 

・以下をメール本文に書いてください。

 1.題名 2.撮影地

 3.撮影者 4.撮影年月日

 5.撮影者コメント 

これまでの全写真は  

         こちらから

  

朝日新聞・静岡マリオン》 

 [全日写連だより] 掲載     

 

<2月掲載>

・富士岳南支部、富士支部  

 原稿締め切り 2月12日(水)  

 掲載予定   2月26日(水)  

<3月掲載>

・駿河湾支部、静岡デジタルフォト支部  

 原稿締め切り 3月11日(水)  

 掲載予定   3月25日(水)  

 
<原稿の送り先>

 ◎朝日新聞静岡総局

 [全日写連だより] 担当

記者:戸田和敬

 Kazutaka Toda   

   080-2589-1557

 E-Mail

 toda-k9@asahi.com

    (2019.6より)

 

 [あなたのHPを県本部HPへ、リンク!]

 ・支部のHPや会員個人のHP、会員所属写真グループのHPなど、どうぞ「お問い合わせ」からご紹介ください。