第61回静岡県写真展 上位入賞作品(0 件)

第61回静岡県写真展 上位入賞作品 

 

総評 : 審査員 日本カメラ誌編集長  前田 利昭

  

 小誌『日本カメラ』の月例フォトコンテストでのめざましい活躍ぶりで、静岡のアマチュア写真家の方々の高い実力はかねがね強く認識しておりましたが、今回、初めてこのコン テストを審査して、あらためてそれを実感しました。それぞれに隙のない、作品化する意識の高い応募が数多く見受けられました。ただ、まさにその隙なく作品化しようとする意識が勝っているせいか、少し窮屈な、優等生的な感触も同時に覚えました。特にモノクロームではモノクロという性質上、その傾向が強く、「みんなうまいなあ、でも……」といったぜいたくな要求がどうしても頭をもたげてきます。その点、カラー部門ではこれはちょっとという、解像度自体が足りていないようなプリントも散見されましたが、もう少し伸びやかな自由な表現も見受けられました。組写真の部では、他のコンテストと同じように、組んでいく作業でつい弱気になってしまい、強いイメージの一点を加えてしまい、かえっ てバランスを崩してしまうような例が多い気がしました。私の乏しい体験ではありますが、?ある程度写真がうまくなってきた?(撮ることに慣れてきた)時期が、一番難しいのかもしれません。できれば評価された自身の写真をただ学習することなく、新たな表現にチャレンジして頂くとさらに写真が楽しくなってくると思います。そんなことを考えながら、選んでみました。

上のカテゴリへ記事の一覧へ
 地図を検索  (住所や地名等を入力してください。)
 
マーカーリスト
選択してください。
ただいま読込中...
緯度: 35.196256   経度: 138.397522   ズーム: 9
事務局からの連絡
 
 3月8日(日)予定の
 春の写真講座
延期させていただきます
 新型コロナウイルス蔓延が
 危惧されていますので、
 県本部にて協議の結果
 下記のように 延期する
 事となりました。
   118日(日)
 内容はそのままです。
 参加を希望されをていた
 みなさん、ご了解ください。
 
 ●尚、支部長さんには
 メールでご連絡しました。
 支部会員のみなさんに、
 その旨、よろしく
     お伝えください。
     (2.22@)  
 
 首都圏ブロック撮影会
撮ろう!TOKYO 2020
 5月実施こちらから
     (2.9@)
 
 Web写真展静岡の今  
 ●個人会員の方も応募できます
 冬の部 募集中
 (12月〜’20.2月撮影分) 
        

 静岡の今/応募の仕方  

 ・写真をメールに添付

 応募先メールアドレス

 こちらから 募集要項の中に! 

・以下をメール本文に書いてください。

 1.題名 2.撮影地

 3.撮影者 4.撮影年月日

 5.撮影者コメント 

これまでの全写真は  

         こちらから

  

朝日新聞・静岡マリオン》 

 [全日写連だより] 掲載     

 

<2月掲載>

・富士岳南支部、富士支部  

 原稿締め切り 2月12日(水)  

 掲載予定   2月26日(水)  

<3月掲載>

・駿河湾支部、静岡デジタルフォト支部  

 原稿締め切り 3月11日(水)  

 掲載予定   3月25日(水)  

 
<原稿の送り先>

 ◎朝日新聞静岡総局

 [全日写連だより] 担当

記者:戸田和敬

 Kazutaka Toda   

   080-2589-1557

 E-Mail

 toda-k9@asahi.com

    (2019.6より)

 

 [あなたのHPを県本部HPへ、リンク!]

 ・支部のHPや会員個人のHP、会員所属写真グループのHPなど、どうぞ「お問い合わせ」からご紹介ください。