全日写連賞 「宵闇の街」 吉川正宏

選評 : 小林紀晴

あたかもヨーロッパのクリスマスのようです。フレーミングに工夫がされているからです。暖かさも感じます。なにより物語があります。なんといっても三枚目の女の子が効いています。この子の夢のなかを覗いているかのようです。