第65回静岡県写真展

本年度は中止 します。

2021年開催を期して!

第65回静岡県写真展中止のお知らせ

                                              2020年4 月23日                                      

              全日本写真連盟

           静岡県本部委員長 中村明弘

  

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、9月9日から静岡市清水文化会館で開催予定の「第65回静岡県写真展」を中止します。県本部の最大事業であり、すでに実施計画の内容も具体的になっていましたが、静岡県内でも新型コロナウイルス感染者が増える一方で、収まる様子がありません。4月16日、非常事態宣言の対象区域が全都道府県に拡大されました。全日本写真連盟本部からの情報では、首都圏の4都県をはじめ、全日本写真連盟各県の事業が軒並み延期や中止に追い込まれている状況です。 

静岡県内各支部の月例会も、会場が使用できなくなったり、会員への感染拡大を心配したりで3月~5月を休会としているところが多数あります。「第65回静岡県写真展」は、6月26日~7月14日を募集期間としていますが、このままでは、支部として応募の準備作業を始めることも難しい状況です。 

また、事業を進めるためには、県本部事務局員をはじめ本部役員が遅くとも5月初めには動き出さなくては間に合いません。チラシ作成、作品募集の呼びかけ、応募作品の受付、審査準備、審査(東京)、審査結果の通知、入賞作品の額装、展示会場との打ち合わせ、展示作業計画の作成、そして毎年50名以上の方々に協力をいただいている展示作業等々、この静岡県写真展は、長い準備期間を要し、その間に多くの会員の皆さんのご協力を得て初めて成り立っています。 

そのように考えてきますと、この新型コロナウイルス感染拡大が続く中、多くの皆さんを危険にさらすわけにはいきません。命にかかわる大事です。 

したがって、県本部役員会は大変残念なことはありますが、感染拡大収束の見通しの立たないままこの事業を進めることはできないと、判断した次第です。 

また、写真展会場の静岡市清水文化会館マリナート・ギャラリーをキャンセルしたときにかかるキャンセル料は10万円近くになりますが、現在の状況を考慮し、静岡市がそのキャンセル料を「無料にする」という方針を出してきました。ただし、無料になる「キャンセル申し込み」の期限は4月24日です。 

そのような状況も含めての「第65回静岡県写真展中止」の件、どうぞ、ご了解とご協力をよろしくお願いいたします。

(尚、これまでご応募いただいた個人会員や一般の方々には、ハガキにて中止の旨をお伝えします。)