2018年秋季大撮影会「富士宮まつりを撮ろう」

総評 : 審査員 写真家 大山謙一郎 

デジタルカメラの著しい進歩で、今や写真は写ってしまう時代になった。写したいものにレンズを向け、シャッターボタンに触れるだけで、あとは、すべてカメラが作動してピント合わせ、露出の決定もやってくれて、写真は「写ってしまいます」。そのためには、カメラの性能を熟知して、誤作動をしないことです。そして軽くシャッターボタンに触れるだけでよいのです…、力を入れてはカメラブレのもとです。

今回のお祭りの撮影会は、主催のスケジュールの流れをよく頭に入れて、ポジションを決めて光の方向を考え、写す準備をして、被写体の来るのを待つことです。入賞作品については個々にアドバイス、感想を書きましたので読んでください。