「カラスの鳴く頃」 樋田 進

選評 : 全日写連総本部顧問 日橋 義雄

これは夕暮れの模様ですね。この陽射し、日差しというか日照、その感じが良いな。この日差しの照らし方という表現がちょっと難しい言い方で申し訳ないんだけどね。いかにも夕暮れかなという感じが出ております。ただねこの3枚組なんだけど組み写真という事で見ると中央の作品は昼間ともつかない表現でしょ。この部分は少し真ん中の作品は損していますよ。猫が一匹の光景は面白いですね。ここを切り離して単作品としてみるとまた面白いですね。右端の作品は撮影者本人の影がちょっと映ってしまいましたね。これは画面効果を損ねていて、ちょっと損だなと思います。それから左端の写真、画面左の方が、このお宮が ちょっと暗いかな。子供にもうちょっと動きがあると良いですね。この組み写真の中での問題は、最初に言った猫の入っている中央の作品です。

「カラスの鳴く頃」  樋田 進