「駿河湾羨望」  加藤 利光

選評 : 全日写連関東本部委員  山本 敦美

 

 愛鷹山の向こうに太陽が沈む直前、小高いところからの展望で光に映る水を張った田圃にちょうど良い角度・良い時間・良い場所でカメラを構えたと思います。 そして、空には大きな鳥がいっぱいいて、巣に帰る鳥たちという動きを入れながら下界に広がる駿河湾、そして沼津・三島・函南・裾野周辺の風景を見せて、オレンジ色に輝く夕方の太陽の光を真正面に捕らえたこの作品。 遠くには、くっきりと富士山も見えています。    なかなかいいロケーションを選んで、いい時間・いい場所で狙って上手く鳥たちも来た。 そのようなところが揃った作品だと思います。  素晴らしいです。