「花芯輝く」 加藤 洋一

選評 : 全日写連関東本部委員 小野崎 徹

光線をうまく生かし構図を工夫することで、見慣れた被写体が違ったイメージで表現されています。 透過光を受けた朝顔のシベがスポットライトを浴びたように浮かび上がっています。 深い紫色の花びらは布のような質感です。 真上からの光線に見えますが、花を支えるがくの影がさりげなく写り込んでいます。花の外側から強い光線が当たっていることがわかります。注意深い観察から生まれた作品です。

「花芯輝く」  加藤 洋一