モノクロ写真の部 最優秀賞 「職人」 山本敦美

講評 : 大西みつぐ

東南アジアのどこかの町の職人さんでしょうか。日本の職人さんとまったく変わらない律儀で、頑固で一徹、確かな眼力と手技をもつといったイメージとしてとらえられています。屋根の隙間あたりからの太陽光か、額よりも白い眉毛を際立たせ職人さんの存在感を強く印象づけています。フレーミングも確かで画面にいっさいの無駄がありません。ストレートフォトの強さが被写体である「人間」の個性をしっかり浮かび上がらせてくれます。