組写真の部 特選 「蕩ける夜」 山田茂幸

講評 : 大西みつぐ

タイトルからして思わせぶりでいいなと思います。ちょっと色っぽい。そんなところから写真を解読していきますと、ますます色っぽい。ラブラブの2人、艶かしい噴水、鳥たちのざわめき、なにがしかの時間の経過を誰もが思い浮かべていきます。ご自身の経験からくる巧みな構成でしょうか? このぐらい大胆な発想とタイトルと表現で組写真をつくるぐらいでなければ、この奇妙な時代を組み伏せられはしません。